2010年05月23日

FX為替予想システムスナッチ実施検証〜5月第4週


システムスナッチの実施検証の成績です。

今週はエントリーを2時間足のサインに準じてイグジットについては早めのトレンドキャッチを狙い1時間足でのサインで対応しました。
先週からポンド円とユーロ円も取引してます。

【ポンド円】
5/17(月):+415pips
5/18(火):-30pips
5/19(水):+95pips

ポンド円決済合計:+480pips

【ユーロ円】
5/17(月):+371pips
5/18(火):+11pips
5/19(水):+92pips

ユーロ円決済合計:+474pips

5月第4週の決済合計:+954pips…5勝1敗

【参考】
1枚取引で+95,400円
5枚取引で+477,000円
10枚取引で+954,000円

木曜、金曜と子供から伝染されたノロウィルス性の嘔吐下痢症でゲーゲー吐いてましてトレードできてません。
週末にやっと嘔吐が治まり食事が出来るほどに回復しました(汗

先週の負けを補って余りある結果が残りました^^

月曜の利益は先週からのポジションです。
普段どおりに2時間足での決済なら50〜120pips程のドローダウンがあったので対応としては吉でした。

この手法だと爆益を逃すこともあるかもしれませんがドローダウンも小さくて済みますのでリスク管理サイドで考えればアリの手法と思います。
FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

2010年05月15日

FX為替予想システムスナッチ実施検証〜5月第3週


システムスナッチの実施検証の成績です。

2時間足のみのサインに準じて検証しています。
今週はポンド円とユーロ円も取引してみました。

【ポンド円】
5/11(火):-3.3pips
5/12(水):-3.2pips
5/13(木):-163.2pips

ポンド円決済合計:-169.7pips

【ユーロ円】
5/13(木):-156.3pips
5/13(木):-119.1pips

ユーロ円決済合計:-275.4pips

5月第5週の決済合計:-445.1pips…0勝5敗

1枚取引で-44,510円
5枚取引で-222,550円
10枚取引で-445,100円

思いっきり苦しい1週間でした。
レンジ相場で木曜日にはNR7までもが発生したものと思われます。
おかげで三角持合から下落基調でのトレンドが発生し、金曜日のエントリー分でポンド円、ユーロ円合わせて、現在+550pipsオーバーの含み益保有中です。
さりげなくプラス収支です^^

FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

2010年05月11日

日本のギリシャ化が緩やかに進んでいる!?

欧米や中国の指導者に話を聞けば、彼らは一様に日本経済のようになりたくないと言うだろう。
西欧諸国が巨額の財政刺激策を講じ、銀行を救済した際、彼らは国民に向かってこう警告した。

「今、思い切った政策を取らなければ、10年以上にわたって不況とデフレの泥沼に苦しめられている日本経済と同じになってしまう」

中国の指導者は、過小評価されている人民元の大幅な切り上げを認めない主な理由として日本の例を挙げ、「西欧の指導者は1980年代後半に日本に円切り上げを強制した。
それが、その後の悲惨な状況につながった」と主張している。

確かに、どの国も日本のような状況に陥ることは避けたいはずだ。
日本は30年以上にわたり世界で最も高い経済成長率を実現したが、過去18年は低成長にあえいでいる。

誰も日本が繰り返し経験してきたデフレの津波と共存したくはないだろう。
誰も日本のような公的債務がGDPの100%を超えるような危機的な状況を迎えたくはないだろう。
誰も世界一の経済大国から経済低迷を代表するような存在に転落したくはないだろう。

しかし現在、東京を訪れた人は街の至る所に繁栄を見つけることができる。店やオフィスビルは活況を呈している。
レストランは、ニューヨークやパリよりもしゃれた服を着た客であふれている。
長期にわたり不況が続いているにもかかわらず日本の1人当たりのGDPは4万ドル以上ある(現在の為替相場で換算)。
日本は依然として米中に並ぶ世界有数の経済大国なのだ。失業率は“失われた10年”の期間中でさえ低かった。最近、上昇したとはいえ、それでも5%にすぎない。

では、いったい何が問題なのか。

まず、東京以外の地方経済の状況は、東京と比べはるかに厳しい。
地方経済の雇用は公共事業に大きく依存してきたが、政府の財政状況が悪化するにつれて地方の雇用は減少し続けている。

事実、全国に見事に舗装された道路が敷き詰められているが、どこにも車は走っていない。
子供たちは地方から都会に移り、高齢の両親は地方に取り残されている。

東京の雰囲気だけを見ていると、状況判断を見誤る。
20年前、日本の労働者は年末に巨額のボーナスを受け取っていた。
しかし今日のボーナスはすずめの涙程度だ。
物価下落のおかげで労働者の購買力は維持されているが、それでも10%以上低下している。
企業が“終身雇用”を捨て、非正規雇用を増やす以前から、雇用は不安定になっている。

東洋経済オンラインより抜粋

皆さんもご存知の通り、今のギリシャ(少し前からですが・・)は国家レベルで大変な状況になってます。
ただ、これは対岸の火事ではありません。
わが国、日本も決して楽観視できるような状況ではないんです。

2007年のサブプライム問題以降の金融不安、雇用崩壊。
2010年の現在も何ら改善の気配も見られません。
いつギリシャのような状況に陥ってもおかしくありません。
こういう記事を読むと預金の一部でもいいから海外口座に置いておかなければ・・・と思ってしまいます
posted by ktday at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225:市場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

FX為替予想システムスナッチ実施検証〜GW


システムスナッチの実施検証の成績です。

ポンド円の2時間足のみにて検証しています。
基本サインに従った結果です。
4月末からのGWはバッサリと満喫しましたのでトレードしておりません^^
ですので4月最終週から5月第2週までのトレード検証結果になっております。

4/23(金):-77.9pips
4/27(火):+163.0pips
4/28(水):+234.7pips
4/29(木):-55.6pips
4/29(木):-122.9pips
5/5(水):-24.3pips
5/5(水):-154.6pips
5/7(金):+420.3pips

GWの決済合計:+382.7pips…3勝5敗

1枚取引で38,270円
5枚取引で191,350円
10枚取引で382,700円

5/7の金曜日にはギリシャ問題、NYダウ・日経平均の下落、要人発言等の色々な要素があり、ものすごい下落基調でした。

7日のショートポジションも含み益が一時1200pipsまで膨らみました。
ただ反発時にサインが点灯せず、あえてサインに従う形を取っていた為、かなりもったいない決済となってしまいました><

まあ、でも充分なプラス収支には違いないので良しとしましょう^^

FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。

2010年04月29日

副業投資で1億円の資産を作る!『ミリオントレード』検証@



ミリオントレードを1週間通してみました。
実施検証の成績です。

4/21(水):+150円
4/22(木):-360円
4/23(金):-75円
4/26(月):+330円
4/27(火):+270円

1週間決済合計:+315円

中々の好成績でのスタートを切りました。
この1週間の日経平均株価はかなり乱高下したのに安定した収益を叩いてくれましたね。

下手な自動売買なんかでやってたらかなり痛い目にあってたのでは?と思ってしまうくらいの値動きでしたので・・・^^

ロット数にもよりますが、商材タイトルにある1億はさすがに大袈裟かなと思いますが、安定した資産運用のポートフォリオに組むには結構、優秀かなと思います。

副業投資で1億円の資産を作る!『ミリオントレード』

このページのトップへ↑


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。